231                                   
                                                               

2005年11月30日

全6話を終えて・・・

今回は管理人の感想を述べてみたいと思います。
オイラ(眞鍋か○りの回し者?)としては、最初のスターウォーズが公開された小学生の時からの大ファンで、全作劇場に足を運んで観ました。(モチ全DVDも持ってるし、フィギアも数々、しかしマスターレプリカ製ライトセイバーは無い!ちなみに電車じゃ無い。)
1作目のエピソード4で衝撃を覚え、それ以来SWシリーズにハマり、現在に至るのですが、4,5,6話から始まっている分、新シリーズの1,2,3話は最初のシリーズに比べて文化が古くなる分、面白くないんじゃないかとずっと思っていました。しかし新3部作を観れば、そんな不安は吹き飛んでしまいます。ところが、SFX技術が発達し過ぎたせいか、やり過ぎの感も否めません。例えば旧3部作では見る事の無かったR2が飛ぶシーンや、エピソード1からCGで作られたヨーダの顔が骨っぽくて、メチャクチャ変であったり。
またストーリー上ムリが多々出てしまった、1,2,3話のオビ=ワンの年齢に対して4話からのオビ=ワンの年齢が行き過ぎている。なぜならエピソード3から4の間は約20年、つまりオビ=ワンはせいぜい50代なのに、よぼよぼのじいさんである。アナキンから死に行くヴェイダーもまた年齢に無理があるのである。
オッと失礼!オイラ別にスターウォーズの批評をしようという訳では無いのである。
それ程スターウォーズに真剣なのである。(電車じゃ無いって!)
結論としては旧3部作も新3部作もそれぞれ素晴しいところがあり、沢山の夢を与えてくれたルーカスに感謝!感謝!
ただ、ただ、残念なのが7,8,9話マジで作らないの?ルーカスさん、頼むよッ!作るならそれまでオイラこのブログで繋いどく?からさぁ。


posted by 秘夢 録 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 冬のスターウォーズ特集! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

ネタバレ注意 ! !

エピソード3DVD解禁 ! !

11/23に発売されたエピソード3DVDの追加シーンだが、本編には追加されずにディスク2の「削除されたシーン」にて、それぞれを単体で見る事が出来る。

「削除されたシーン」タイトル
@グリーバスのジェダイ虐殺・将軍からの逃走(アニマティック)
A元老院内の混乱(べイルのオフィス)
B反乱の始まり(パドメの部屋)
C最高議長との対立(パルパティーンのオフィス)
D狙いはジェダイ討滅?
Eダゴバへ逃れる(ヨーダが身を隠す為、惑星ダゴバへ行くシーン。できれば本編に組み込んでほしかった。)

以上の6つであるが、中でも目を引いたシーンは「グリーバスのジェダイ虐殺」で、オビ=ワンとアナキンがパルパティーンを救出する為、敵船に進入した際通路でグリーバスに捕らえられた女ジェダイのシャアク・ティー(前回の記事で紹介したアニメ作品のクローン大戦で活躍する)と遭遇、グリーバスは二人の目の前で、シャアク・ティーの背後から戦利品のライトセイバーで胸を貫くのであった。そして無数の敵に囲まれている為、その場から逃走するのだが、その逃げ方が面白い。
尚、今回のディスク2はNG集やその他の隠し要素が収録されておらず、エピソード1〜3のコンプリート版にて収録されるという噂だ。

その代わり…
  ↓↓↓↓↓
ディスク1の隠しコマンドに今回の目玉が ! ! (下記のAが重要!)

@ディスク1を起動すると「WARNING」の画面が現れている時に下記の数字を入力すると、通常はランダムで表示されるタイトル画面を任意の画面に選択出来る。
 1⇒コルサント
 2⇒ウータパウ
 3⇒ムスタファー
 を選択出来る。

A「メニュー画面」で「字幕と音声の選択」メニューを表示して、数字キーで[11]、[3]、[8]と入力すると、(入力後、各数字が消えたら次の数字を入力)「HIP HOP YODA」が再生される。(プレイステーション2の場合は11、03、08と入力する)
これはマジで笑える ! !
ヨーダがヒップホップのリズムに合わせて歌って踊るのだが、踊りが超リアルで、ありえない映像が流れるのである。後ろではクローントゥルーパー4人も軽くリズムをとっている。
ヨーダが踊り終えると座り込み、「わしの喉には酷じゃな」と言った後、首をブルッと振るう。(大爆笑 ! !)


posted by 秘夢 録 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(4) | 冬のスターウォーズ特集! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

スターウォーズのTVシリーズについて

エピソード3で完結したスターウォーズシリーズだが、今年6月に同映画のプロモーションで来日した製作プロデューサーのリック・マッカラム氏から、TVシリーズにてエピソード3から4の空白の20年間をテーマとしたものを製作予定だという発表があった。
内容は、ルークが成長する過程を中心に100時間分に及ぶシリーズとして描かれる。
また映画シリーズ全6作を3Dバージョンで公開する計画があるとも・・・
はたしていつの事になるやら。
現実的なところで言えばエピソード2と3の間の出来事を描いた「クローン大戦」は、日本でも今年、カートゥーン ネットワークで放送されたアニメ作品である。
「クローン大戦」は、エピソード3につながる重要な内容が描かれている為、11/23発売のエピソード3を見る前に是非押えておきたいところだ。(興味がある方は、このサイトのアフィリエイトに掲載して有ります。)

「クローン大戦」ストーリー概要
分離主義勢力のリーダー、邪悪なドゥークー伯爵との戦い「クローン戦争」が、銀河をよぎる炎のように共和国中に広がってきた。ジェダイ騎士団は新しく形成された共和国軍を率いる役割を担うことになり、アナキン・スカイウォーカーは将軍オビ=ワン・ケノービのもと、前線で指揮官として戦うことになる。
一方、ドゥークー伯爵は、ジオノーシスの戦いの後、内乱で荒廃した惑星で謎の女戦士アサージ・ベントレスを見出す。アサージはドゥークーから手渡された2本の赤い光刃のライトセーバーを巧みに使い、分離主義勢力の中で頭角を現わすのである。
共和国のジェダイ騎士団率いるクローン軍と分離主義勢力の壮絶な戦いは、いかに・・・



posted by 秘夢 録 at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 冬のスターウォーズ特集! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

発売直前 ! エピソード3DVDの追加シーン ! !

11月23日発売エピソード3のDVDには、例によってカットされたシーンの追加がある。
今回の目玉はパルパティーンとの激戦後、ヨーダが身を隠す為、惑星ダゴバへ行くシーンの追加だ。
この先ヨーダがこの星から一歩も出ずに隠居生活を送ったかどうかは分からないが、大都市の惑星コルサントから一転、湿地帯でワイルドなこの星で余生を過ごす事になる。
しかしヨーダの風貌から、元々原始的な生活をしていたであろう異星人?である事から、この星はヨーダにとって余生を過ごすには癒しの場所だったのかもしれない。
また劇中でのラストでオビ=ワンが赤ん坊のルークをタトゥーインのオーウェンの下に届けるが、やはりエピソード4で成長したルークとこの星を出るまでずっと身を隠していたかは不明である。
ところで生き残ったジェダイがヨーダとオビ=ワンだけであるなら、何故もっと早くルークにジェダイの訓練を施さなかったのであろうか、アナキンが9歳でジェダイの訓練を受けるには「年齢が行き過ぎてる」というシーンがあるのに、ルークの年齢は…
第二のヴェイダーを創り出す様なものだったはず。
ところが…


posted by 秘夢 録 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋のスターウォーズ特集! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。