231                                   
                                                               

2005年08月06日

スターウォーズ名言集

第一位:May the Force be with you (フォースと共にあらんこと
    を)

第二位:I have a bad feeling about this (何か嫌な予感がする)

第三位:Luke, I am your father (ルーク、私がお前の父だ)

第四位:Use the Force, Luke (ルーク、フォースを使うのだ)

最も有名な語録は ・・・ A long time ago, in a galaxy far, far away... (遠い昔、はるか彼方の銀河系で ・・・)


posted by 秘夢 録 at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏だ!スターウォーズ特集! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知られざるシスの歴史

モール エグザキューン2.bmp

エピソード4の「新たなる希望」からさか上る事約四千年前、シスの暗黒卿エグザ・キューンがシスの暗黒道に従わぬ者を全て抹殺する様に命じたのを発端にシス大戦が勃発!ジェダイとシスの抗争はピークに達した。キューンは倒され、その魂はヤヴィン4(エピソード4で反乱同盟軍が基地を設営したヤヴィンの第4衛星)の廃墟に封印され、戦いはジェダイの勝利に終わった。もっともエグザ・キューンの時代においても、シスの教えはジェダイ評議会によって禁じられており、人目に触れることさえないだろうとされてきた。
そしてダース・モールの出現により、シスは再び歴史の舞台に登場するが、それも長くは続かなかった。シスはダース・ヴェイダーの死、帝国の崩壊、そして新共和国の設立によってほぼ消滅したのである。(FACT FILEより引用)



posted by 秘夢 録 at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏だ!スターウォーズ特集! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エピソード7以降の話PART1

ヴェイダーと皇帝が滅び、第二(二番目に造られたデス・スター)が消滅して以降の話が実は永遠と続きがあるのだ。
スターウォーズ制作当初、ルーカスは全9話からなる壮大なスケールを構想していた、つまりエピソード3の後、新3部作となる7.8.9話で完結する予定だったが他の映画を損りたいと言う理由で今回で打ち切りとなったのである。しかしファンは納得出来ないでしょう、そこでこれらの話を今後どんどん掲載してゆきますのでお楽しみに! (あっと驚くストーリーもありますのでスターウォーズファン必見! ご期待下さい) まずは手始めに・・・

@ハン・ソロとレイアについて
・ジェダイの復讐(帰還)から4年後、惑星ヘイピーズの王子イソルダーなる男がレイアに求婚する。レイアもまんざらでは無い様子だ、しかしハンとレイアは恋人同士?である
イソルダーとレイアのよからぬ雰囲気にハンは半ば強引にレイアを連れ去るのである、しかし既にレイアはハンの煮え切らない態度に愛想を尽かしていた。ところがレイアはその様なハンの強引さと悪党ぶりに興味を引かれるのだ。
ついにハンとレイアは結婚に至る。

Aジェイセンとジェイナ
・ハンとレイアの間に双子の子供ができる、ジェイセンという男の子とジェイナという女の子だ、この二人もレイアの血を引いている為フォースを備えている。

Bアナキン
・更にもうひとり男の子ができる、名前はなんとアナキンと名付けた。この子のフォースは3人の中で最も強く、子供のうちからミレニアム・ファルコンを操縦し、ピンチを切り抜けたりとその頭角を現すのである。



posted by 秘夢 録 at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏だ!スターウォーズ特集! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エピソード3ネタバレ(まだ映画を見てない人は決してこの記事を見ぬ様に ! ! )

@ドゥークー伯爵(ダース・ティナラス)の運命
・パルパティーンが分離主義者軍に捕らえられてしまう、救出に向かったアナキンとオビ=ワン。
パルパティーンを発見するがそこでドゥークーと遭遇、アナキンとオビ=ワンは二人で攻撃を仕掛けるが、オビ=ワンは負傷して気を失ってしまう。しかし成長したアナキンはドゥークーなど敵ではなかった。相手の両腕を切り落とし、気が付けばドゥークーのライトセイバーを手にして、自分のライトセイバーと交差させドゥークーの首に突きつけている。殺す事をためらっているアナキンにパルパティーンは「殺してしまえ」と命令する。
次の瞬間、交差したライトセイバーは左右に閃光を放つのだった。
パルパティーンは新たなる弟子をとる為、ドゥークーを裏切ったのである。

A生き残るジェダイについて
・マスターウィンドゥ等4人のジェダイがパルパティーンを捕らえに向かったが、ライトセイバーを抜いたパルパティーンは一瞬のうちにウィンドゥ以外のジェダイを倒した。そしてウィンドゥとの壮絶な戦いが始まりパルパティーンを追い詰める、そこにアナキンが登場!ウィンドゥがパルパティーンを切り落とそうとしたその瞬間アナキンが妨害に出る、あっと言う間にウィンドゥのライトセイバーを持った腕を切り落とす!その隙をつきパルパティーンが手から放出した例のエネルギーでウィンドゥを割れた窓から遠くかなたに放り出してしまう。
この一件によりアナキンがダークサイドに堕ちる。そしてパルパティーンより「ダース・ヴェイダー」と名乗る事を告げられる。
その後共和国軍の率いるクローントゥルーパー達がパルパティーンの指令「オーダー66」により、次々にジェダイ達に不意打ちを食らわせ、アナキンもクローントゥルーパーを引連れジェダイテンプルへと向かう。そしてパダワン(弟子)の子供達までも殺してしまう。
ついに生き残ったジェダイはヨーダとオビ=ワンだけ(正確には他の星で任務にあたっていた若干の生き残りがいたと思われる)になってしまった。

Bオビ=ワン対アナキン
・アナキンは生き残った分離主義者達を抹殺する為、溶岩の噴出す惑星ムスタファーへと向かいヌートガンレイらを全員始末する。追ってきたパドメの船に忍び込んでいたオビ=ワンと遭遇する、アナキンはダークサイドに堕ち既にジェダイでは無い、いよいよオビワンとの壮絶な戦いが始まる。
一進一退の攻防が続き、二人は溶岩が流れる川をイカダみたいなものに乗って戦いつづける。
オビ=ワンは川沿いの地に飛び降りた、「こちらが有利になったぞ」とオビ=ワン。
アナキンも地に降りる為飛び上がった・・・と、つぎの瞬間オビ=ワンのライトセイバーがアナキンの両足と左腕を切り落としていた。
決着は付いたのだ、もはや身動きの出来ないアナキン。川から溢れてきた溶岩の火が全身を覆い尽くし悲鳴を上げ変り果てた姿になってしまう。
「選ばれし者だったのに!!弟の様に思っていたのに!!」オビ=ワンはアナキンのライトセイバーを拾い上げ、去ってゆくのであった。

Cヴェイダー誕生
・両足と左腕を切り落とされ、全身大火傷を負いながらもアナキンは生きていた。パルパティーンがアナキンを発見、連れ帰り大掛かりな手術を施す。(手術台でのその光景は実に恐ろしいものであった)
両足と左腕は機械(右腕はエピソード2でドゥークーに切り落とされ既に機械の為、両腕両足共機械に…)もはや自分では呼吸すら出来ない為、呼吸器と生命維持装置をつけ最後にマスクを装着する。全身黒ずくめの悪の権化の誕生である。
目覚めたヴェイダーはパルパティーンに聞く「パドメは?」
死んだ事を告げ知らされたヴェイダーは全身から異様な悪のフォースを放出して感情をあらわにするのだった。



VADER3.JPG
posted by 秘夢 録 at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏だ!スターウォーズ特集! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。